付属品の有無で大きく変わる査定額


画像引用元:https://www.licasta.com/how_to/hint/

お酒には、しばしば付属品が存在していることを知っていますか?
お酒によって違いがあるんですけど、この付属品の有無で、お酒買取り店の反応が変わるんです。

お店の反応が変わるということは、買取り価格が変わるということ
もし高額買取りを狙うのであれば、この付属品も一緒に買い取ってもらうことが必須条件となります。

査定額に大きな影響を与える付属品には、化粧箱替えの栓などがあります。

特に高級なお酒はこの化粧箱に入れられていることが多く、これがあるだけで数万円も査定額に差が出ることがあるんです
超高級洋酒なら数十万円もの差が出ることもあるほど。
替えの栓も同じ。
あるのとないのとでは買取り価格が大きく違ってくるので、このことはしっかりと覚えておきましょう。

化粧箱と呼べるほど豪華なものではなくても、例えば木箱なども査定額を左右する付属品に含まれます。
これは洋酒に限らず、焼酎や日本酒でも木箱に入れられていることがあって、これも一緒にお酒買取り店に持っていくと良いお値段で引き取ってもらえますよ

箱の代わりに布の袋に入れられているお酒もありますね。
ギャランティーカードと呼ばれる保証書もあれば、さらに買取価格アップは確実。

もちろん、これらの付属品がもともと付いていないお酒なら無くてもOK。
その場合は、お酒の種類や状態のみで査定してくれます。

付属品の有無と同時に重要な付属品の状態


画像引用元:http://www.jtec-net.com/lp-sake.html

化粧箱や替えの栓、木箱や布、そしてギャランティーカードなど付属品の有無によって、かなり査定額に差が出るお酒の買取り。
それに加えて、付属品があるかないかだけではなく、付属品の状態でも査定額が変わることがしばしばあります。

化粧箱や木箱は、決して丈夫な作りにはなっていません。
湿気に弱いものも多いですし、ちょっとした衝撃で傷が付いたり割れてしまうものもあります。
例え箱があったとしても、もしその状態が悪ければ、どうしても査定額は下がってしまうのです。

替えの栓はあまり傷つきやすいものではないんですけど、ヒビが入っていたり割れていたり汚れが付着していると、これも査定額ダウンの可能性が高いでしょう。

ギャランティーカードはあるけど、それが汚れているとか破れているとなると、これも買取り価格が下がってしまう原因になります。

お酒の付属品は、とりあえず一箇所にまとめておいてください
状態が今以上に悪化しないよう丁寧に保管しておくこと。

お酒買取りに出す際は必ず一緒に査定してもらいましょう。