複数のお酒買取り店で査定してもらいましょう


これから査定してもらおうとしているお酒そのものが稀少性が高いものであるかどうか、そして、その状態が良好であるかどうか、これがお酒買取り価格に大きな影響を及ぼすことは間違いありません。
むしろ、この2つの要素が最も大きいと言ってもいいでしょう。
ただ、実際にいくらの現金に変わるのかは他の要素も絡んでくることがよくあるんです。

ほんの少しでも高い金額で買い取ってもらいたいのであれば、複数のお店で査定することをおすすめします。
理由はとても簡単で、同じようなお酒買取りサービスをしていても、お店によって査定額や買取り価格に差が出てくることがあるからです

同じお酒にもかかわらず高く査定してくれるところもあれば、それほどでもないところもあるので、複数のお店で査定することで、その中から一番高いところを簡単に選ぶことができるというわけですね。

全てではないですけど、再査定してくれるお店もあります。
つまり、他店の方が査定額が高かった場合に再査定してくれるお店に再度持って行って交渉すれば、さらに高い価格で買い取ってもらえる可能性が出てくるんです

最初から1つのお店に絞らず、できるだけ複数のお店で査定することを心がけましょう。
面倒かもしれませんけど、この作業で数万円以上の差が出ることもあるので、是非実践してください。

まとめて売った方が査定額が高くなる理由


お酒が高く売れるかどうかというのは、お酒買取りをしているお店の心理にも多少関わってきます。
こうしたお店は客観的視点に基づいて、例えば世間での人気とか市場の需要とか、そうしたものを参考に買取り価格を決定しているのですが、それでも人間が査定・買取りをしている以上、どうしても心理的な影響を排除することができないんです。

例えば、お酒をまとめて売ると、相場よりも高く買い取ってもらえる可能性が出てきます
お酒をたくさん売ってくれる人はお店にとって良客で、絶対に逃したくないからです。
「こんなにいっぺんにお酒を仕入れられるなら、多少高くても仕方がないか」と思うのは当然のこと。

なので、もしたくさんのお酒を持っているのであれば、まとめて売るようにしてください。
これも、査定額をアップさせるための一つのコツとなります。

まとめて売ることで、より交渉もしやすくなるでしょう
本来、単体では買い取ってもらえないような価値の低めのお酒も買い取ってもらえるかもしれませんよ。