瓶やラベルなど表面の状態でも変わる査定額


お酒買取り店の査定のポイントは、

  • 人気の銘柄であるかどうか
  • 古いかどうか

のみだと思っている人が多いようです。

それも大事な査定ポイントになるんですけど、同じ銘柄で同じ年代のお酒でも、瓶やラベルの状態によって買取り価格が変わることがあります。
これを知らないと、買取りに出す時に損をしてしまうかもしれません。

査定額が高くなるための条件には、瓶が欠けていないことやラベルが剥がれていないこと、そして、埃などの汚れが付着していないことなどが挙げられます

高級なお酒は瓶そのものにも価値があるので、欠けていないことはとても重要。
ヒビ割れなども同じ。
中身に影響を及ぼさない程度の欠けやヒビ割れや汚れでも買取り価格には大きな影響があると思っておいてください

ラベルは剥がれていないけど、シミがついていたり何か別のシールが貼られていたり、もしくは削れているなどの場合も査定額はダウンしてしまうでしょう。
ラベルは中身を知るための大切な情報源ですし、デザイン的にも価値を見出すお酒好きは多いですから、綺麗であればあるほど買取り価格も高くなるんです。

過剰にならない程度にお手入れをしておこう


もしこれからお酒買取り店に査定をしてもらおうと思っているなら、その前に自分で綺麗にしておくことをおすすめします。

埃などの汚れであれば、軽く拭くことで落とせるはず。
その他の汚れも拭いて落ちるものであれば、買取り査定を依頼する前にその作業をしておきましょう。

ただ、瓶やラベルの状態が良くないからといって、過剰にお手入れをするのはNGです

例えば、ラベルの汚れを素人が無理に落とそうとすれば、ラベルそのものを傷めてしまう可能性が出てきます。
剥がれたりラベルに書かれている文字が消えたりすれば、それだけで価値が落ちてしまうので、強引に汚れを落とそうとするのはむしろ危険
それなら、シミや長い年月によって付着してしまった汚れはそのままにして査定に出した方が、まだ買取り価格を下げずに済むでしょう。

瓶に対しても同じです。
自分で綺麗にしておくといっても軽く拭く程度に留めておかないと、瓶に傷をつけたりしてしまいかねませんよね。
欠けていない状態の瓶を、綺麗にしようとしたせいで欠けさせてしまったら台無しです。

  • ゴシゴシと強く拭かない
  • 洗剤などを使わない
  • 接着剤や絵の具などで強引に修復・修正しようとしない

これだけは守るようにしてください。
お酒買取りに出す前に、軽くお手入れをしておく程度でOKです。