洋酒の状態を保つにはどうしたらいい?


お酒というのは、どうしても劣化してしまうものです。
どんなに大切に保管していたとしても、劣化を避けるのは難しいでしょう
そして、その劣化はお酒買取りの時の査定額に大きく影響します。

お酒を売ってしまおうと考える人は特に状態の保ち方を知らない人が多いですから、できるだけ高価買取りを期待するのであれば、これ以上劣化させないためにしっかりと状態を維持させるようにしてください。

お酒の種類ごとに保存・保管方法が異なってくる。
まずはここを抑えておきましょう。

お酒買取りでも人気のワインですが、これはとてもデリケートなお酒です。
夏のような暑い時期は劣化が激しくなるので、新聞紙やラップなどで全体を覆い、冷蔵庫に保管するのがいいとされています。
冷蔵庫も冷えすぎるとよくないため、野菜室がベター。
冬は外に出しておいても構いませんが、日が当たらないことが絶対条件。

一転、ウイスキーやブランデーは冷蔵庫での保管はおすすめしません。
冷暗所に置いておくのがいいんですけど、振動が多い場所はNG。
洗濯機の近くや開け閉めを頻繁にする押入れなどは避けた方が劣化を食い止めやすいです。

洋酒はどれもとても繊細なので、劣化させないために気を遣いながら保管しましょう

和酒の買取り価格を下げないための保管方法


お酒の種類ごとに異なる保管方法、次は和酒について説明します。
洋酒はデリケートで繊細と言いましたが、和酒も基本的には同じように気を遣う必要があるので注意しましょう

焼酎は、一部洋酒と同様に振動によって劣化する恐れがあるので、動きの激しい場所に保管するのは控えてください。
できるだけ温度や湿度が低く変化は少なめ、そして直射日光が当たらない場所に保管したいところ。
冷蔵庫の中は焼酎にとってあまり良い環境とは言えないので避けた方がいいですね。

日本酒は冷蔵庫での保存も可能であると言われています。
ただ、基本的には焼酎と同じで、温度や湿度が低くて、その変化の小さなところに保管するようにしましょう。

新聞紙などで覆うと直射日光を遮ることができますから、冷暗所が見つからない時には試してみたい保管方法となります。

お酒買取り専門店には査定のプロがいます。
状態を見れば、だいたい保管方法の見当がつくでしょう。
つまり、ごまかせないということ
できるだけ高く買い取ってもらうには、それまでどう保存・保管するかが重要なポイントとなるのです。

家にあるお酒を今すぐ適切な状態にして正しい場所に移してください。
そうすれば劣化を食い止め、納得のいく査定額を提示してもらえるはずです。